ちょっと裏話 -釣り雑誌に書ききれなかったあれこれ-

釣り雑誌「レジャーフィッシング」に記事が掲載されます。
記事掲載に至るまでの経過と、雑誌に書ききれなかった裏話(ボー…とか、ボ○とか。笑)を綴っていきます。


去る6月5日 昼休みに突然の電話

本土エギンガーさんとは、去年出会ってから、ずっとひいきにしてもらっている。
(去年、波止での出会い→ブログ)

そんな本土エギンガーさんとは休みが合わなかったり、この時期は忙しいんじゃろうなあ。と遠慮してしまったりで、普段は基本的にメールでのやり取りが主なのだ。


そして6月5日の昼休み。まったりしているところ、突然携帯が鳴り始めた。

誰なんじゃろ?とディスプレイを見てみると、本土エギンガーさんだ。

ポチッとボタンを押し、やあ、どうもどうも。
と、会話をする。そんな会話の中、本土エギンガーさんが、他でもないんですが・・・。と本題を切り出してきたのだった。

「突然なんですがオリャーさん、本誌に記事を書きませんか?」

なんでも、旬のフィールドで記事を担当していらっしゃる方が、諸事情により今月号は休筆されるので、その穴を埋めるべく代打をして欲しいんです。
とのこと。

・・・・・ホンマに突然やなあ。
などと考える間も与えない勢いでマシンガントークしてくる本土エギンガーさん(説得慣れしてる。笑)。

返事は後からで構いませんので・・・。

とのことだったので、どうしたモンかなあ。
ま、こういう時は相談するに限る。と、とある人に電話をしたのでした。


メディアには露出したくないんじゃが・・・

とある人に電話をしたところ、全然出てくれない。うーむ、どうしたもんか?

そんなとき、ふと頭に浮かんだのがクロダイ寅さん
彼に相談したところ、一撃で「ええ話じゃ!キミがやらんのなら、ワシが書く!」と、後押し+記事作成、取材時のいろいろなアドバイスをしてくれたのでした。

本当はメディアに露出したくないのだが・・・(住んでるのが田舎なので、目立つのはちょっとアレじゃったりする)。

今度は友人Kに電話してみることにした。


事情を話したところ、「出る!」
やる気満々(^_^;)

ワシ、目立つの大好き!オリャーは釣らんでもええけえ、ワシが釣ったの載せてくれ!
と、ありがたい申し出をしてくれた。


そっか、それならワシはカメラマン&ライターに徹して、友人Kにでっかいのを釣ってもらおう。
などと、かなり他人任せの気分。

なぜか燃えまくってる友人Kに少々感化され、ちょっとやる気になったので、取材依頼諾の返事を本土エギンガーさんに送り、釣行計画を立てることにしたのでした。


続きの釣り雑誌取材-初日釣行編-


イカ!

こんなん釣れたら嬉しいんじゃけど・・・